包茎矯正『キトー君』を購入してみた!

キトー君はこうやって使う

キトー君HP

真性包茎を矯正するのに便利なのがキトー君という器具です。しかし、どのようにして使えばよいのでしょうか。結構使い方がいまいちわからないという方も多いのではないでしょうか。キトー君の仕組み自体は、普通のハサミと同じような構造となっています。ですから、いくつかのコツさえつかんでしまえば、使い方は簡単と言えるでしょう。

 

まず、第一ステップとして、キトー君を先端部に挿入します。真性包茎の方は、亀頭部分はかなりデリケートなので、先端部が当たると結構痛みが生じますから注意しましょう。段々と慣れてくれば、亀頭に当たってもあまり痛みも感じなくなります。第二ステップとして挟んだ皮の部分を広げるという作業です。この部分は鋏の容量と似たような感じです。

 

あまり、強くやりすぎないようにしましょう。大体限界の強さの8割程度の力で広げるようにするのがコツです。第三ステップとしては、開いた皮をむいて露出させるというステップです。これらの作業を一日30分で二回行わなければなりません。

 

キトー君の使い方は、やはり最初の方は結構難しいかもしれませんし痛みもかなり感じるかもしれません。また、キトー君は一回使えば終わりではなく一日に数回作業を行うなどの地道な継続が必要となってくる器具です。その点をしっかりと押さえておき継続して根気強く使用を続けていきましょう。しっかりとした、使い方であれば一両日中に効果は見えてくるのではないでしょうか。

キトー君に副作用ってあるの?

包茎男性

通常、身体増強型のサプリメントや何らかの薬は副作用を持っているものです。薬の場合は、過剰摂取によって重大な副作用が生じることもあるので、適正な使用が大事です。その点は真性包茎の矯正道具ですがキトー君は副作用などはどうなのでしょうか。キトー君を使用することで、何かしらの副作用は生じてしまうのでしょうか?

 

キトー君は使用しても基本的には副作用は生じないようになっています。元々が器具ですから、使用することで体の別の部分に影響をもたらすわけではないのです。ですが、真性包茎の方は結構デリケートになってしまっているので使用上は注意しておかなければならない点もあります。まず、あまり力を加えすぎないという点です。

 

もしかしたら、亀頭付近に傷を付けてしまう可能性があるのです。副作用ではないのですが、物理的な影響は免れないのですから使用上はしっかりと注意しておいた方が良さそうです。また、副作用以前としてキトー君が使用できるかどうかかなり個人差があるようです。器具となりますと、物理的に使用できる人と使用できない人とが出てくるのは当然です。

 

包皮に挿入することが出来ないという方も出てくるかもしれません。そういった方は、使用することすら出来ないのです。副作用自体は、全くないのですが使用上は慎重にする必要がありますし、また根本的に使用できる人と使用できない人と個人差が出てくるので注意が必要です。しっかりと正しい使い方を守って利用しましょう。

 

私はやはり手術で包茎を治療したいという事であればこちらで紹介されている大手クリニックから選ぶと良いでしょう。≫≫包茎手術大手一挙比較


このページの先頭へ戻る